投資家の自己責任原則(リスク管理)

金融商品取引において損失を被ったとしても、
投資家が自らのリスク判断でその取引を行った限りは、
その損失を自ら負担するという原則のことを言います。

投資家の自己責任原則とも言われます。

FX、先物、株、不動産投資に限らず、
投資全般においては、様々なリスクを認識した上で、
自分自身の判断と責任に基づいて行う必要があります。

自分のマネープラン&余剰資金を考えて、
それに伴ったルールの元で投資をすることが大切です。

「自分のルール」です。

リスクを理解評価した上で金融取引を行っていることが前提で、
投資する側がリスクを評価する能力を持っていること
も求められます。

自分の投資に対して、どれくらいまでなら損をしてもよい。
そういった許容範囲を自分の資産の中から決めておいて、
損失はその範囲で終わるようにすることが大切です。


コメント / トラックバック 1 件

SportArb(スポートアーブ)投資方法 と 配当の出金

[…] ⇒ 投資に対する自己責任の原則 […]

コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カテゴリー