IT導入補助金とは?
種類や申請方法、IT補助金を受け取るまでをサポートしています

・IT導入補助金を具体的に知りたい
・IT導入補助金をもらえるのか知りたい
・IT導入補助金の申請の流れを知りたい

 

この記事では、IT導入補助金の概要や対象となる事業所や申請の流れなどをわかりやすく解説します。



補助金を受け取るまでの流れなどは敷居が高く感じられるかもしれませんが、
概要や流れを説明しているため記事量が多少多くなっているためで、

補助金を受け取ること自体は難しく考える必要はありませんので、
以下に適合すると判断できる場合は、補助金サポート代理店までご連絡ください。

大変多くの方から申請希望を頂いているのですが、
適合されない方も多く、双方が時間や手間を取らせてしまうだけになることも多々あるため、

ご連絡頂いた後、チャット形式にて数分間の簡単なヒアリングをさせて頂いております。

補助金を受け取れると判断できる場合、本社の担当へお繋ぎする形を取らせて頂いておりますので、
その旨ご了承頂きたいと思います。

            補助金サポート代理店
             友だち追加

法人、個人事業主が対象(申請可能条件)

・白色申告は対象外となり、青色申告。または法人が対象となります
・申告最低1年(前年度または毎年)
・風営法(風営業関連)ではないこと
・資本金1憶円以下(法人の場合)
・前年度の年商および売上(黒字、赤字は問わず)が700万円以上(補助金申請の対象条件となるのが最低700万円)

※1年経てば再度申請することが可能です

必要書類

「法人の場合」
印鑑証明書(法務局にて取得)
履歴事項全部証明書 (法務局にて取得)
納税証明書 (税務署にて取得)
決算報告書 (決算時に作成されているもの)

「個人事業主の場合」
マイナンバーカード。または、印鑑登録証明書
運転免許証または住民票
確定申告書
納税証明書 (税務署にて取得)

IT導入補助金とは?

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者がデジタル化を進めるための支援策です。

この補助金は、業務効率化、生産性向上、セキュリティ強化など、ITツールの導入によって企業の競争力を高めることを目的としています。

特に、経営のデジタル化を推進し、新たなビジネスチャンスを掴むための費用の一部を国が支援することで、中小企業のIT化を促進しています。


IT導入補助金の目的

IT導入補助金の主な目的は、中小企業や小規模事業者の生産性を向上させることです。

デジタルツールの導入により、業務プロセスを効率化し、時間とコストの節約を実現します。

また、セキュリティ対策の強化やインボイス制度への対応など、現代のビジネス環境における様々な課題に対応するための支援も提供しています。


対象となる企業や事業者

以下は、IT導入補助金の対象となる企業の規模を表にまとめたものです。

この表は、業種別に資本金の額または出資の総額、常時使用する従業員の人数の基準を示しています。

業種分類 資本金の額または出資の総額 常時使用する従業員の人数
製造業、建設業、運輸業 3億円以下 300人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
サービス業(ソフトウェア業、情報処理サービス業、旅館業を除く) 5,000万円以下 100人以下
小売業 5,000万円以下 50人以下


対象企業における注意点

これらの基準は、中小企業基本法に基づく一般的なガイドラインです。特定の補助金プログラムによっては、これらの基準に加えて追加の要件が設定される場合があります。

「みなし大企業」に該当する事業者は、補助対象外となる場合があります。詳細は、各補助金プログラムの公募要領を確認してください。

IT導入補助金の申請を検討する企業は、自社が上記の基準に適合しているかを確認し、必要に応じて専門家やIT導入支援事業者に相談することが推奨されます。

 

IT導入補助金の種類

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者のデジタル化を促進し、経済全体の生産性向上を目指すために設けられた制度です。

以下に、各補助金の種類ごとの目的を詳しく説明します。


通常枠 (A類型 & B類型)

通常枠の主な目的は、業務の効率化と生産性の向上を実現するITツールの導入を支援することです。

具体的には、日々の業務プロセスを自動化したり、時間を要する作業を簡素化するソフトウェアやサービスの導入を促進します。

これにより、中小企業や小規模事業者が限られたリソースの中で最大限の成果を出せるようにすることが狙いです。

目的 自社の課題に合ったITツールを導入し、業務効率化や売上アップをサポート
補助額 A類型: 5万円~150万円未満

B類型: 150万円~450万円以下

補助率 1/2以内
対象費用 ソフトウェア購入費

クラウド利用費(最大2年分)

オプション費用(機能拡張・データ連携ツール導入費用・セキュリティ対策費用)

役務の費用(導入コンサルティング・導入設定・マニュアル作成・導入研修・保守サポート)

 

デジタル化基盤導入類型

デジタル化基盤導入類型の目的は、企業間取引のデジタル化を推進し、特に2023年10月に導入されたインボイス制度への対応を含むデジタル化基盤の構築を支援することにあります。

会計システム、受発注システム、決済システムなど、取引の透明性を高め、効率化を図るためのITツールの導入が対象です。

目的 インボイス制度への対応などを見据え、会計、受発注、決済、ECの機能を有するITツール導入に特化
補助額 下限なし~350万円まで
補助率 50万円以下の部分は3/4以内

50万円超の部分は2/3以内

対象費用 ソフトウェア購入費

クラウド利用費(最大2年分)

オプション費用

役務の費用

ハードウェア購入費(PC・タブレット・プリンタ・スキャナ・複合機・POSレジ・券売機)

 

セキュリティ対策推進枠

セキュリティ対策推進枠の目的は、サイバーセキュリティの脅威から企業の情報資産を守るための対策を強化することです。

サイバー攻撃の増加に伴い、中小企業でもセキュリティ対策の重要性が高まっています。

この枠は、セキュリティソフトウェアの導入やセキュリティに関する教育・訓練の実施など、企業のセキュリティレベルを向上させるための支援を行います。

目的 サイバーセキュリティ対策の強化
補助額 5万円~100万円以内
補助率 1/2以内
対象費用 「サイバーセキュリティお助け隊サービスリスト」に掲載されているサービスの導入費用(サービス利用料、最大2年分)


複数社連携IT導入類型

複数社連携IT導入類型の目的は、複数の中小企業や小規模事業者が連携して共同でITツールを導入することにより、業界全体のデジタル化を促進することです。

この枠を通じて、サプライチェーンの最適化や地域経済の活性化など、単独では達成困難な大規模なデジタル化プロジェクトの実現を支援します。

目的 複数の中小・小規模事業者が連携してITツール及びハードウェアを導入し、地域DXの実現や生産性の向上を図る
補助額 最大3,000万円まで
補助率 インボイス対応類型と同様で2/3
対象費用 ソフトウェア購入費

クラウド利用費

ハードウェア購入費

消費動向等分析経費

その他経費


インボイス対応類型

インボイス対応類型は、インボイス制度の導入に伴う企業の負担を軽減し、スムーズな移行を支援することを目的としています。

インボイス制度に対応した会計ソフトや受発注システムの導入を通じて、企業のデジタル化を一層推進し、税制の適正な運用をサポートします。

目的 インボイス制度への対応に特化した支援
補助額 会計・受発注・決済ソフト: 50万円以下で中小企業3/4、小規模事業者4/5、50万円超は2/3

PC・タブレット等: 最大10万円

レジ・券売機: 最大20万円

補助率 PC・タブレット等とレジ・券売機は1/2
対象費用 会計・受発注・決済ソフト

PC・タブレット

レジ・券売機

 

まとめると、以下のようになります。

 

類型 目的 補助額 補助率 対象費用
通常枠 (A類型 & B類型) 自社の課題に合ったITツールを導入し、業務効率化や売上アップをサポート A類型: 5万円~150万円未満

B類型: 150万円~450万円以下

1/2以内 ソフトウェア購入費、クラウド利用費(最大2年分)、オプション費用、役務の費用
デジタル化基盤導入類型 インボイス制度への対応などを見据えたデジタル化基盤の構築を支援 下限なし~350万円まで 50万円以下の部分: 3/4以内

50万円超の部分: 2/3以内

ソフトウェア購入費、クラウド利用費(最大2年分)、オプション費用、役務の費用、ハードウェア購入費
セキュリティ対策推進枠 サイバーセキュリティ対策の強化 5万円~100万円以内 1/2以内 「サイバーセキュリティお助け隊サービスリスト」に掲載されているサービスの導入費用
複数社連携IT導入類型 地域DXの実現や生産性の向上を図るための複数社連携 最大3,000万円まで 2/3 ソフトウェア購入費、クラウド利用費、ハードウェア購入費、消費動向等分析経費、その他経費
インボイス対応類型 インボイス制度への対応に特化した支援 会計・受発注・決済ソフト: 50万円以下で中小企業3/4、小規模事業者4/5、50万円超は2/3

PC・タブレット等: 最大10万円

レジ・券売機: 最大20万円

PC・タブレット等とレジ・券売機は1/2 会計・受発注・決済ソフト、PC・タブレット、レジ・券売機

 

これらはIT導入補助金の各類型に関する基本情報を簡潔にまとめたものであり、申請を検討する際の初歩的なガイドとして役立ちます。

※ 補助金は1年経てば再度申請することが出来、条件が適合すれば約1年ごとに補助金を受け取ることが可能です。

 

補助金の対象となるITツール

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者がデジタル化を進める上での大きな支援となります。

この補助金を利用することで、企業は様々なITツールを導入し、業務の効率化や生産性の向上を図ることができます。

ここでは、補助金の対象となる主なITツールについて解説します。


ソフトウェア購入費

補助金は、業務効率化や生産性向上に直接貢献するソフトウェアの購入費用をカバーします。

これには、会計ソフト、顧客管理システム(CRM)、在庫管理システム、プロジェクト管理ツールなどが含まれます。

特に、デジタル化基盤導入枠では、インボイス制度に対応した会計ソフトウェアや受発注システムの導入が推奨されています。


クラウド利用費

クラウドサービスの利用にかかる初期費用や月額利用料も補助の対象です。

クラウドサービスを利用することで、データの一元管理やリモートワークの推進、セキュリティの強化などが可能になります。

補助金を活用して、クラウドERPやクラウドストレージ、オンライン会議システムなどを導入することができます。


導入関連費用

ITツールの導入に伴う関連費用も補助の範囲内です。

これには、システム導入のための設定費用、カスタマイズ費用、従業員への研修費用などが含まれます。

また、IT導入支援事業者によるコンサルティング費用も、効果的なITツール導入のために重要な投資となります。


ハードウェア購入費

デジタル化基盤導入枠や複数社連携IT導入類型では、特定の条件下でハードウェアの購入費も補助対象となります。

これには、インボイス制度対応のためのタブレットやPC、レジスター、券売機などが含まれます。

ハードウェアの導入は、ソフトウェアと合わせて業務のデジタル化を加速させるために不可欠です。

IT導入補助金を活用することで、中小企業や小規模事業者はデジタルトランスフォーメーションを実現し、競争力を高めることが可能になります。

補助金を利用して導入できるITツールは多岐にわたり、企業のニーズに応じて最適なツールを選択することが重要です。

補助金の詳細条件や申請方法については、各参考サイトを確認し、計画的に申請を進めましょう。


申請方法と流れ

IT導入補助金の申請プロセスは、中小企業や小規模事業者がデジタル化を推進する上で非常に重要なステップです。

ここでは、申請資格、必要な書類、そして申請期間とスケジュールについて、より詳細に解説します。

この時点で、「補助金の申請は難しく無理そう・・・」などと感じてしまう場合が多いようです。
条件や必要書類は必要ですが、準備や具体的な進め方を補助金サポート代理店と本社にて、
補助金を受け取るまで全てのサポートをさせて頂いております。

これまで多くの実績と90%以上の方が、補助金を受け取ることが出来ておりますので
是非ともご連絡頂ければと思います。

            補助金サポート代理店
             友だち追加

申請資格と要件

対象者 日本国内で事業を行う中小企業や小規模事業者 個人事業主から法人企業まで幅広い事業体が含まれる
業種 業種を問わず、製造業、サービス業、小売業など あらゆる分野の企業が対象。IT導入による業務改善や生産性向上の具体的な計画が必要
特別要件 特定の補助金類型による追加要件 セキュリティ対策推進枠ではサイバーセキュリティ対策の具体的な計画、インボイス対応類型ではインボイス制度への対応計画が必要


申請に必要な書類と手続き

事業計画書 IT導入によって目指す業務改善や生産性向上の目標、導入するITツールの概要、導入後の効果予測などを詳細に記述
見積書 導入予定のITツールやサービスの詳細な見積もり。ソフトウェアの購入費用、クラウドサービスの利用料、必要に応じてハードウェアの購入費用などが含まれる
申請書 公式ウェブサイトから入手可能な申請書に必要事項を記入。企業情報、事業内容、IT導入計画の概要などが求められる

 

申請書類の準備が完了したら、指定された方法(オンラインシステムまたは郵送)で提出します。

多くの場合、IT導入支援事業者と協力して申請書類を準備し、プロジェクトの計画を策定することが推奨されます。


申請期間とスケジュール

IT導入補助金の申請期間は年度ごとに設定され、公式ウェブサイトや関連通知で事前に発表されます。

申請期間は限られているため、公募要領の公開を待たずに準備を開始することが重要です。申請期間内にすべての書類を準備し、提出する必要があります。

提出期限を過ぎた申請は受け付けられないため、スケジュールを正確に把握し、余裕を持って準備を進めることが勧められます。


補助金活用を成功に導くポイント

IT導入補助金を効果的に活用し、企業のデジタル化を成功に導くためのポイントを、以下の三つの主要な段階に分けて詳しく解説します。


申請のための下準備

デジタル変革の第一歩は、自社の現状を洞察し、将来の可能性を見据えることから始まります。

この段階では、自社の業務プロセスを精査し、デジタル化の恩恵を最大限に受けられる領域を特定することがカギとなります。

また、補助金申請に向けた具体的な準備作業を進めることで、スムーズな申請プロセスへの道を切り開きます。

業務プロセスの分析 自社の業務プロセスを分析し、デジタル化によって効率化できるプロセスを特定します。
公募要領の確認 IT導入補助金の公募要領を確認し、申請資格、必要書類、申請期間、補助金額や補助率などの情報を集めます。
申請プロセスの準備 必要なアカウントの登録や書類の準備を行います。特に、gBizIDプライムの取得やみらデジ経営チェックの実施が重要です。


IT導入支援事業者の選定

適切なIT導入支援事業者の選択は、デジタル化への道のりにおける重要なマイルストーンです。

この選択プロセスでは、事業者の過去の実績や提案内容の質を慎重に評価し、自社のニーズに最も合致するパートナーを見極めることが求められます。

最適な支援事業者との連携は、デジタル化の成功への確かな一歩となります。

事業者の調査 過去の実績や評判を調査し、自社のニーズに合った信頼できるパートナーを選定します。
提案内容の確認 ITツールの機能、導入後の効果予測、コスト、サポート体制などを詳細に確認します。
比較検討 複数の事業者から提案を受けた場合、これらの要素を比較検討し、最適な事業者を選びます。


申請後のプロセス

補助金の申請が承認された後のプロセスは、計画的なITツール導入とその成果の検証に焦点を当てます。

この段階では、導入計画に基づいた行動と、導入後の成果の定期的な評価が中心となり、目標達成に向けた継続的な改善が重要です。

最終的には、補助金の適切な利用とプロジェクトの成果を示す報告書の提出が必要です。

導入計画の策定 IT導入支援事業者と協力して、導入計画を策定し、計画に基づいてITツールの導入を進めます。
効果の測定と評価 導入したITツールの効果を定期的に測定し、目標達成度を評価します。不十分な場合は改善策を講じます。
報告書の作成と提出 補助金の利用状況やITツールの効果をまとめた報告書を作成し、提出します。この報告書は補助金の最終的な交付決定に影響します。


IT導入補助金に関するよくある質問

IT導入補助金に関するよくある質問をご紹介します。

Q・需給可能対象者は?

確定申告について、
白色申告は対象外となり、青色申告。または法人が対象となります。

・申告最低1年(前年度または毎年)
・風営法(風営業関連)ではないこと
・資本金1憶円以下(法人の場合)
・前年度の年商および売上(黒字、赤字は問わず)が700万円以上(補助金申請の対象条件となるのが最低700万円)

※1年経てば再度申請することが可能です。

Q・必要書類は何が必要でしょうか?

「法人の場合」
印鑑証明書(法務局にて取得)
履歴事項全部証明書 (法務局にて取得)
納税証明書 (税務署にて取得)
決算報告書 (決算時に作成されているもの)

「個人事業主の場合」
マイナンバーカード。または、印鑑登録証明書
運転免許証または住民票
確定申告書
納税証明書 (税務署にて取得)

Q・補助金と言うことですので借入金では無いの認識で宜しいでしょうか?
・システム開発費用を弊社が貸付を行うことで初期費用0で進めることが可能です。
この金額自体は借入金となりますが、補助金の相殺から495,000円~が残ることが可能となります。

 

Q・相殺後、495,000円の補助金を受けれたとします。
この495,000円に対しては確定申告の対象になるとの認識で宜しいでしょうか?
・対象となります。厳密には雑所得となります。

 

Q・手元に残る金額は、最低○○円~最高○○円なのでしょうか?

・状況によりますが、495,000円~1,140,000円になります。

Q・受給申請者の振り込まれた画像例を拝見させて頂くことは可能でしょうか?
・口座情報になるためお見せできかねております。補助金サポート代理店と弊社は、これまで数百の法人個人の補助金成立までの実績があり、そのサポートをさせて頂いて来ております。

 

Q・補助金=借入金になるのでしょうか?
・受け取った補助金は雑所得になります。
補助金を受け取るためにシステム開発費用を支払っていただきますが、
これを弊社から貸付することで初期費用0で進めることができ、これは借入金となります。

 

Q・借入金分は返済義務が生じます。利息が発生するのでしょうか?
・利子や利息はありません。

 

Q・IT補助金とのことですが、IT関連(ECサイト)などは一切関係無いとの認識で宜しいでしょうか?

・IT関連でなくとも、DX化という理由からIT補助金を申請が可能となり、風営業や元風営業運営している法人でなければどの事業内容でも構いません。

Q・借入金分の返済義務を怠ったり不履行になるような事態の場合、返済対象になる会社が損失になったり信頼を失うことにはならないのでしょうか?
・弊社は、補助額を受け取った後すぐに返済を義務付けております。
またその内容を記載した金銭貸借契約書も貸付時に締結をします。
この返済を怠った場合は法的措置を実行する流れとなります。

 

Q・申請額を貸付した場合、あくまで借入金(1,300,000円)となるが、1,795,000円を受け取れるため、差額の495,000円が残る。との認識で宜しいでしょうか?
・認識としては概ねあっております。1000万~の場合の手残りの目安は以下になります。

・デジタル枠
貸付なし 660,000円
貸付あり 495,000円

・通常枠
貸付なし 495,000円
貸付あり 330,000円

まとめ

IT導入補助金は、中小企業や小規模事業者が直面するデジタル化の課題に対応し、業務効率化、生産性向上、セキュリティ強化を実現するための重要な支援策です。

この補助金を活用することで、企業は新型コロナウイルス感染症を経て高まるデジタル化の必要性に応え、デジタルトランスフォーメーションを加速させることが可能になります。

特に、ITツールの導入は、日常業務の効率化を促し、サイバー攻撃から企業を守り、新しいビジネスモデルへの転換を支援します。

2024年度には、IT導入補助金の制度はさらに進化し、企業のデジタル化をより広範囲にサポートします。

これにより、企業はデジタル化の波に乗り、持続可能な成長を目指すことができます。

政府は今後も、企業のデジタル化を支援するための施策を強化し続けることが予想されます。

このため、中小企業や小規模事業者は、IT導入補助金をはじめとする支援策を最大限に活用し、デジタル化を推進することが重要です。

これにより、企業は新しい時代のビジネス環境に適応し、成長を続けることができるでしょう。

 

            補助金サポート代理店
             友だち追加


法人、個人事業主が対象(申請可能条件)

・白色申告は対象外となり、青色申告。または法人が対象となります
・申告最低1年(前年度または毎年)
・風営法(風営業関連)ではないこと
・資本金1憶円以下(法人の場合)
・前年度の年商および売上(黒字、赤字は問わず)が700万円以上(補助金申請の対象条件となるのが最低700万円)

※1年経てば再度申請することが可能です

必要書類

「法人の場合」
印鑑証明書(法務局にて取得)
履歴事項全部証明書 (法務局にて取得)
納税証明書 (税務署にて取得)
決算報告書 (決算時に作成されているもの)

「個人事業主の場合」
マイナンバーカード。または、印鑑登録証明書
運転免許証または住民票
確定申告書
納税証明書 (税務署にて取得)


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

カテゴリー

2024年6月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

日本の暗号資産(仮想通貨)取引所!    GMOコイン